2020年真岡JC

2020年度 真岡青年会議所スローガン

勇 往 邁 進

〜不屈の情熱と行動が未来の光を創造する〜

基本理念

実行力、決断力、結束力を向上させ、一歩先の自分に挑戦する。

行動指針

お互い助け合い、信じた道を本気で突き進む。

基本方針

  • 厳格であり新たに築くLOM運営
  • 新たな手法で次代へつなぐ広報活動
  • 真岡JCの基礎となる運動指針の確立
  • 人の可能性を広げていく事業の実施
  • 地域の魅力を活用した事業の展開
  • ブランド力の向上を目的とした事業の展開
  • これからの人財育成を行う運動の実施
  • SDGs理解推進を行う事業の実施
  • 第34回芳賀教育美術展開催と基本運営の検討
  • 創造力に今を取り入れた事業の実施
  • 新しい視野でつなぐ会員拡大の実施
  • 新たな仲間と創る卒業式の運営
  • 全員で動く実働的な会員拡大
  • 2021年 とちぎ宇都宮大会へ向けて
  • 日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力

理事長所信

理事長

第52代理事長 上澤 宏行

はじめに

1954年の芳賀商工会議所設立より、積み上げてきた歴史の中には時代の変化が求められ、多くの先輩方が情熱を持ち、今と向き合ってきたからこそ、伝統ある真岡青年会議所が存在します。これからの真岡青年会議所を築くため、膨大な情報が溢れる今、時代の問題やこれからの地域に必要な未来を見据えながら、困難に立ち向かい、主体的に率先して挑戦する事が、一人ひとりが本質と向き合うことや成長に繋がり、真岡青年会議所の築きの根源なります。

今の私たちが理想とする10年後の地域の未来とはどのような姿でしょうか、住みやすい地域、災害に強い地域、働きやすい地域、子育てに魅力のある地域、沢山の仲間が調和する地域、様々な形があると思います。そのような理想社会を作り上げていくのは、私たち20~40歳の青年世代であり、その道を一歩一歩踏みしめながら、道を築いていくのも青年世代だからできる事です。真岡青年会議所が未来のビジョンを見据え、それぞれに合った靴で、それぞれに合った歩幅で、それぞれにあった力で土を踏みしめながら、青年会議所だから出来る「明るい豊かな社会」の実現という同じ方向を目指し、不器用でも勇気を持ち、一歩一歩、勇往邁進してまいります。

真岡JCの伝承から構築

私たち真岡青年会議所の総会には、真岡青年会議所の歴史が脈々と受け継がれてきた伝統があります。その伝統を守ることはもちろん大切です。しかし真岡青年会議所の基礎を支える総務だからこそ、アカデミーが多く在籍する私たちには、次代に合わせた総会を構築する事がこれからの青年会議所の形となります。いい意味で枠に嵌ることの無いように、伝承を守りつつ、LOMに一体感を与えるよう基礎の根底から構築しましょう。そして私たちの運動を知ってもらう事がこれからの事業、拡大に繋がります。新たな視野で発信し、組織の先頭に立ち、情熱を持って突き進んでいきましょう。

組織の心を1つに

可能性とは日々の挑戦と経験が作り出すものであり、その可能性は生涯の糧になります。会員の意識の中にこう記してあります。「社会開発とは人間の開発であり、指導力の開発は個人の開発である」この社会を変えていくのも、守っていくのも人です。人の可能性を広げ成長に繋げる事が社会を開発していく事に繋がります。そして、私たちが運動を行う基礎となってきた2010年代運動指針があります。この運動指針は10年間、真岡青年会議所を支えてきました。これからの青年会議所が一丸となって進んでいくには、新たに情熱の根源となる2020年代運動指針を創り上げる事が新たな活力となります。

魅力を生かし地域を守ろう

あなたが思う理想の地域とはなんですか。観光が栄えている地域、人の流通が多い地域、様々な理想がありますが、共通して言えることは地域のブランド力を高め、地域を思う心を養う事だと思います。私たちの住まう県東地域には、沢山の資源があります。観光・産業・施設など、今まで注目を集めてきたもの、今も埋もれているもの、その可能性は計り知れません。その地域の宝を今だから出来る手法、発見、発信を青年会議所だから出来る視野で最大限に生かし、伝播していくことが県東地域の強みになり、この地域の魅力を生かすことが資源を守ることに繋がります。そして、新たな地域の宝になり、これからの未来に残す運動を、情熱を持って進めていきましょう。

力の可能性を引き出すために

私たちが地域の事を考え、何かを行動に移すとき、心の何処かに疑問を持っているメンバーがいるのではないでしょうか。「時間がない」「忙しい」「自分には関係ない」。そのような考えを持つアカデミーメンバーが多い中で「時間の作り方」「明るい豊かな社会」で説明するのは簡単ですが、人が動く原動力は絆だと思います。時間がないけれど、真岡青年会議所のメンバーの為なら、この大好きな地域の為なら、その心が自己成長の根源なのではないでしょうか。アカデミーメンバーが多く占める今、新たに真岡青年会議所同士の心が1つになり、組織が進化する事業の展開を推進していきます。そして、私たちの情熱ある運動をSDGsに合わせ構築することが、これからの事業構築の基礎となります。より良い事業を行うため、SDGsを推進していきます。情熱を持ち組織の結束を高めましょう。

子供たちに可能性を切り開こう

私たちの住む地域には、情熱を持って尽力した久保貞次郎先生による創造美育が根付き、1938年に建設された久保講堂があり、美術の町にふさわしい宝があります。子どもの創造力に可能性を見出し、推奨してきた考えは、この地域で運動をする真岡青年会議所だからこそ理解が求められ、地域に発信するルーツだといえるでしょう。IT環境の情報が溢れる環境で育った子供達だからこそ、普段体験できないスケールで感覚を捉え、創造美育の元から今を追求し、創造力から生まれる真岡青年会議所しかできない事業の展開をします。真岡青年会議所の継続授業といえば芳賀教育美術展です。基本運営の検討を行うことで、新たな可能性が広がります。子供たちの可能性を切り開くために、情熱を持って第34回芳賀教育美術展の開催を行いましょう。

地域の輪を広げるために

私は人生で「拡大」について本気で考え始めた時期があります。LOM存続の為、運動資金の為、その考え方は人それぞれだと思います。しかし私の中には拡大の思いがあります。自分が辛くて足を崩したとき、自分を支えてくれた同志がいました。自分が辛くて目を閉じてしまった時、私を引っ張ってくれた同志いました。それが青年会議所だから、真岡JCだから、その同志を拡大する事でJCの輪が広がり、JCの鮮やかな色が地域に影響してくるのだと思います。真岡青年会議所メンバーが所属する県東地域元より、この芳賀郡だけでも約14万人以上の人口がおり、20%の約3万人が20~40歳の青年世代であります。環境や条件は様々ですが、まだまだ見えない可能性があります。その可能性を見出すのは、情熱と行動力その二つです。

むすびに

自分を信じ、不屈の情熱と主体的な行動力をもって突き進み、一年間の汗と涙がやがて芽を出し、次代を担う子供たちが歩む道には、色とりどりの花が咲き誇り、皆が幸せに住み暮らす理想の地域への「道しるべ」となるように。

副理事長・専務理事・事務局長

副理事長 菊島淳史

副理事長 菊島 淳史

副理事長 酒寄 貴光

副理事長 酒寄 貴光

副理事長 飯村 尚志

副理事長 飯村 尚志

副理事長 山口 力也

副理事長 山口 力也

副理事長 平石 知宏

副理事長 平石知宏

専務理事 池田 陽一

専務理事 池田 陽一

事務局長 薄井 厚男

事務局長 薄井 厚男

真岡JCが日本一に飛躍するために!真岡JCを造る各委員会

総務広報委員会

総務広報委員会

委員長松井 一樹

  • 厳格であり新たに築くLOM運営
  • 新たな手法で次代につなぐ広報委員会
  • 新しい視野でつなぐ会員拡大の実施
  • 2021年とちぎ宇都宮大会へ向けて日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力
子供の未来へ繋ぐ委員会

子供の未来へ繋ぐ委員会

委員長木村 哲也

  • 第34回芳賀教育美術展開催と基本運営の検討
  • 創造力に今を取り入れた事業の実施
  • 全員で動く実働的な会員拡大
  • 2021年とちぎ宇都宮大会へ向けて日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力
組織力育成委員会

組織力育成委員会

委員長久保 辰徳

  • 真岡JCの基礎となる運動指針の確立
  • 人の可能性を広げていく事業の実施
  • 全員で動く実働的な会員拡大
  • 2021年とちぎ宇都宮大会へ向けて日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力
地域の魅力発信委員会

地域の魅力発信委員会

委員長塚本 智也

  • 地域の魅力を活用した事業の展開
  • ブランド力の向上を目的とした事業の展開
  • 全員で動く実働的な会員拡大
  • 2021年とちぎ宇都宮大会へ向けて日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力
基礎力向上委員会

基礎力向上委員会

委員長大根田 元

  • これからの人材育成を行う運動の実施
  • SDGs理解推進を行う事業の実施
  • 全員で動く実働的な会員拡大
  • 2021年とちぎ宇都宮大会へ向けて日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力
情熱行動委員会

情熱行動委員会

委員長小川 直人

  • 新しい視野でつなぐ会員拡大の実施
  • 新たな仲間と創る卒業式の運営
  • 全員で動く実働的な会員拡大
  • 2021年とちぎ宇都宮大会へ向けて日本青年会議所、関東地区協議会、栃木ブロックへの参加及び協力

入会案内

この地域をより良くするために明るい豊かな社会の実現のため一緒に活動しませんか?

入会案内はこちら
ページの先頭に戻る