第32回芳賀教育美術展を開催しました。

今年で32回目を迎える芳賀教育美術展が開催され、平成30年9月30日(日)に市民‘‘いちご‘‘ホール(真岡市民会館)において表彰式が行われました。

本年も芳賀郡内の幼稚園・保育所・小学校・中学校から多数の作品が応募されました。子どもたちの自由な感覚による自己表現を促し、もって生まれた想像力を育み、創造的な人間を育成するという久保貞次郎氏が提唱した「創造美育」という観点から厳正な審査を行い、各賞が決定されました。

最も優れた作品に与えられる「知事賞」には、祖母井保育園・年長の水沼陽真(みずぬまはるま)君の作品「ムカデ」が選ばれました。

DSC02941

第32回芳賀教育美術展知事賞「ムカデ」

その他にも各賞の受賞が行われましたが、緊張しながらもどこか誇らしい子どもたちの賞状を受け取る姿を見て、とても感慨深いものがありました。

私たちの活動が子どもたちのこれからの人生の何かのきっかけになれれば幸いです。

DSC02956

私たち真岡青年会議所は、「創造美育」を通じて、子どもたちが生き生きと創造性を発揮できる教育環境をこれからも応援し続けていきます。